« ルイヴィトンのモノグラム・ペルフォバッグに関して | メイン | ルイヴィトンのアンティグアバッグについて »

ルイヴィトンのモノグラム・ミニについて

2000年の春夏コレクションでルイヴィトンのモノグラム・ミニは登場したのがスタートです。
キュートなデザインで、コットン・キャンバスに織り込んだ小さなロゴは、すぐに人気が出ます。
モノグラム・ミニのスタート当初は、ブルーのコットン・キャンバス地とヌメ革の組み合わせでしたが、2001年に新色のカーキーとチェリーがプラスされ、ヌメ革から同色系のレザーに変わったのですが、このラインが定番になりました。
そして2003年は素材が変わって、コットン・キャンバスから化学繊維のポリアミドが採用され、カジュアルなラインでたくさんの女性から支持を受けましたが、2006年には廃盤となり現在新しいデザインはありません。

★ルイヴィトン モノグラム・ミニのカラーバリエーション
2000年の初期カラーはブルー、2001年にはカーキとスリーズが登場しました。
2002年はTSTカーキとTSTブルー、2004年はベージュ、2005年はノワールのカラーが登場しました。

★ルイヴィトン モノグラム・ミニスペシャルコレクション

モノグラム・ミニの初期はマリーが流行し、デザインとしてはスポーティなバッグです。
発売当初は、連日完売の状態が続くほどの大人気だったのです。

コント・ドゥ・フェ シリーズものは、マーク・ジェイコブスとジュリー・ヴァーフーヴァンのコラボレートで2002年の作品で、モノグラム・ミニキャンバスをベースにして、キャラクターをお伽話モチーフとしたものに表現しています。

2004年のクルーズコレクションで登場したものが、蛍光色カラーのモノグラム・ミニです。
発売当初からの大人気は現在でも探している人がたくさんいて、人気の高いデザインとなって、カラーはアーモンドグリーンとストロベリーで展開されました。

2005年に発表されました、モノグラム・ミニ・イニシャルはメンズラインで、ポイントはLVのイニシャルペイントです。
デザインとしてはカジュアルで、カラーはエベヌとキャメルが展開され、人気があります。

About

2007年12月05日 15:15に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ルイヴィトンのモノグラム・ペルフォバッグに関して」です。

次の投稿は「ルイヴィトンのアンティグアバッグについて」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。