« ルイヴィトンのモノグラムバックの人気ランキング | メイン | ルイヴィトンについて »

ルイヴィトンのモノグラム・キャンバスについて

1986年に誕生以来、ルイヴィトンのモノグラム・キャンバスとは、ルイヴィトンのシンボルとなっています。
キャンバス地の素材は耐久性があり軽く柔軟で、表面に傷がつきにくく丈夫で、また完全な防水性があり、多くのヴィトン愛好者がいます。

モノグラム・キャンバスのプリントは、創業者のイニシャルであるL・Vをプリントしたデザインで、みなさんが知っている通りです。
MONOGRAMとは英語で、文字を組合せることを意味しております。
しかし、日本では本来の言葉の意味より、ルイ・ヴィトンの象徴になっています。
また、このロゴは日本の家紋より由来しているとも言われているのです。

★ルイヴィトン モノグラムキーポル60(M41422)

1930年代にこのモノグラムキーポルは誕生し、キーポルは第1号モノグラム・キャンバスのバッグとしてデビュー作で登場しました。
新しいタイプの機能的なトラベルバッグは、この当時に衝撃を受けた作品です。
キーポールはコットン・キャンバスで1924年の誕生当初、作られていました。
ルイヴィトンを代表するバッグは、旅行者たちに愛用され続けて、今も昔も変わることなく愛されている作品で、サイズはゆったりとした60cm×33cm×26cmの大きさです。

★2種類のモノグラム・キャンバス

大きく分けてモノグラム・キャンバスは2つに分類することができ、一つは、地面にしっかりと立つハードタイプ、残りの一つはソフトタイプで、素材が広がり、収納力が高くなるものです。
モノグラム・キャンバスのバックは、限定バックとしてFIFAワールドカップフランス大会記念の発表をしています。

1998年、限定3000個のモノグラム柄サッカーボールのデザインのバックはFIFAワールドカップフランス大会を記念して作られ、バックにはシリアルナンバーが刻印されています。
ルイヴィトンはそのサッカーボールとともに、有名人の多くと記念写真を一冊の本にまとめ、その収益をニセフに寄付したことで有名です。

About

2007年12月04日 18:16に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ルイヴィトンのモノグラムバックの人気ランキング」です。

次の投稿は「ルイヴィトンについて」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。