« ルイヴィトンのダミエ・キャンバスについて | メイン | ルイヴィトンの保管方法について »

ルイヴィトン モノグラム生誕100周年記念デザイナー

1996年4月に世界7都市で、ルイヴィトンモノグラム生誕100周年、を記念した祝典が開催されました。
デザイナー7人が、ルイヴィトンモノグラム生誕100周年記念ではセブン・デザイナーズ コレクションとしてモノグラムのコレクションを手がけたのでした。

モード界を代表する7人のデザイナーは、その中でも注目を集め、ルイヴィトンのモノグラムをモチーフに作品をデザインし、その限定のコレクションがセブン・デザイナーズシリーズなのです。
ルイ・ヴィトンとは異なった視点から、各デザイナーのデザイン作品は、新風モノグラムとなりました。
7人組デザイナーは、ヴィヴィアン・ウエストウッド、マノロ・ブラニク、シビラ、ロメオ・ジリ、アイザック・ミズラヒ、アズディン・アライア、ヘルムート・ラングです。

・ヴィヴィアン・ウエストウッドは、イギリスモード界に君臨する大物で、そのデザイン作品はサック・フォ・キュで、身体のカーブにフィットするヒップバッグは日本で限定10個と非常に希少なのです。
販売価格は155,000円で、サイズはH24cm×W44cm×D31cmとなっています。

・ロメオ・ジリはイタリア人デザイナーで、巾着型ショルダーでフットボール型のデザインをし、中に入れるもので、バッグ形態を変えるフォルムが印象的なバッグです。
日本では限定120個が販売され、販売価格は105,000円で、サイズはH50cm×W27cm×D14cmとなっています。

・マノロ・ブラニクはシューズ・デナイナーであるが、小さなシューズケースをデザインしており、靴を愛する女性のために作られたケースだそうで、これも日本では超プレミアの限定2個となっているのです。
販売価格は525,000円で、サイズはH49cm×W49cm×D21cm、となっています。

・アイザック・ミズラヒがデザインしたバッグはビニールのトートバッグで、モノグラムのポーチが透けて見える、ユーモアを感じさせる新しいデザインです。
日本では限定100個が販売され、販売価格は153,000円で、サイズはH45cm×W40cm×D20cmとなっています。

・シビラがデザインした作品はショッピング・イン・ザ・レインと名前が付けられたリュックで、このバックのポイントはリュックに傘を装着することが可能なところがポイントで、両手を自由に使えます。
日本では限定40個が販売され、販売価格は125,000円で、サイズはH35cm×31cm×13cmとなっています。

・ヘルムート・ラングはウィーン出身ですが、彼のデザインしたものはレコード用ハードケースでミュージシャンのためのものなのです。
70枚のレコード収納が可能なケースで、ほかにCDなどが入り、日本では限定2個の販売で全くの希少品です。
販売価格は665,000円で、サイズはH38cm×W36cm×D36cmとなっています。

・アズディン・アライアがデザインしたバックは、ヒョウ柄のしなやかなグラマラスなハンドバッグで、日本での販売は限定100個でした。
販売価格は164,000円で、サイズはH29cm×W23cm×D15cmとなっています。

About

2007年12月07日 16:59に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ルイヴィトンのダミエ・キャンバスについて」です。

次の投稿は「ルイヴィトンの保管方法について」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。