« ルイヴィトンのエピについて | メイン | ルイヴィトンのモノグラム・マルチカラーについて »

ルイヴィトンのモノグラム・ヴェルニスペシャルコレクション

ルイヴィトンのモノグラム・ヴェルニのスペシャルコレクションの紹介をしましょう。

ルイヴィトンのヴェルニハロウィンは、オレンジ色を限定色とした幻のバックです。
オレンジのヴェルニは1998年の限定色で、ハロウィンのかぼちゃからイメージしたカラーと言われており、オレンジはパリを筆頭に4店舗のみでしか取り扱わない、超レアバックとなったのです。

ルイヴィトンのダミエ・ヴェルニはモノグラム・ヴェルニに続き、2000年にエナメルラインの第2段として登場しました。
デザインのポイントは、エナメル加工されているカーフに、ダミエの市松模様をエンボッシュしたところです。
一方をマットに、もう片方をポリッシュにした、ユニークなエナメル感を強調したデザインになっていて、またカラー色は、ブラック、ペトロールブルー、カーマインの3色に展開されています。
モノグラム・ヴェルニは、レディーライクで上品ですが、ダミエ・ヴェルニは、都会的で小粋な雰囲気を感じさせてくれます。

2000年のコレクションで、ルイヴィトンのモノグラム・ヴェルニフルールは、幾何学模様の花をモチーフにしたところが印象的で、ポシェット・フルールとバレル・フルールの2つのタイプが展開され、パステルカラーの優しげなものになっています。
色はブルーとレッドの組み合わせと、ベージュとオレンジの組み合わせの2シリーズ色が展開されました。

2002年にフラワー・レキシントンは、ルイ・ヴィトンが初めて展開したクルーズコレクションに登場し、デザインはベースがヴェルニ素材になっていて、スィートな女性らしいフラワーを散りばめたバックです。
カラーはピンク、オレンジ、ブラッグ、ベージュの4色が展開され、既存のヴェルニにはないブラックのカラーや、1998年の限定色だったオレンジが復活したことで、人気高いものとなりました。

ルイヴィトンのモノグラム・ヴェルニフルオは2002年クリスマスコレクションで登場、フルオはビビットな蛍光カラーで、マーク・ジェイコブスとアメリカの舞台演出家、ロバート・ウィルソンとのコラボレートで登場した作品です。

フルオは定番のデザインをそのまま使用し、ビビットな蛍光色で印象を変化させております。
バックのアイテムになっているラインはリボンをイメージし、タグにはロバートの名前とルイヴィトンのロゴが刻印され、またカラー色は、ピンク、グリーン、オレンジの3色を展開しました。

About

2007年12月06日 18:20に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ルイヴィトンのエピについて」です。

次の投稿は「ルイヴィトンのモノグラム・マルチカラーについて」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。