« ルイヴィトンのモノグラム・デニムについて | メイン | ルイヴィトンのエピについて »

ルイヴィトンのエピのカラーバリエーションについて

ルイヴィトンのエピのカラーバリエーションについて紹介しましょう。
このルイヴィトンエピのカラーにも歴史と意味があるのです。
エピの色彩として、初期に登場したカラーは世界各地のナチュラルなカラーが採用されました。
世界各地域を連想させる色彩は、永遠のルイヴィトンのテーマである旅を意味しているのです。
日本もこの色彩には二つに関わっており、ルイヴィトンと日本の繋がりを感じることができます。

1985年の期カラーはクリール・ブラック、ボルネオ・グリーン、ケニア・ブラウン、ナチュラル・ウィニペグ、トレド・ブルーです。
クリール・ブラックのカラーは深海の溶岩をイメージし、別名ノワールとも言われていまして、深海と海底火山で囲まれた千島列島ということをフランス語では指しているのです。

ケニア・ブラウンのカラーは、雄大なサバンナの自然をイメージしたもので、アフリカの中部東側のケニアを指しています。
ボルネオ・グリーンのカラーは、イメージとして広大な熱帯雨林を想像したもので、これは赤道直下のボルネオ島に広がる熱帯雨林を指しています。
トレド・ブルーのカラーは、スペインの古都トレドのタホ川をイメージしたものです。

ナチュラル・ウィニペグは、カナダのウィニペグに広がる高原を指して、別名サーブルとも呼びます。
1992年に登場したカラーは、ジパング・ゴールドとカスティリアン・レッドで、ジパング・ゴールドのカラーは、マルコ・ポーロの東方見聞録からきており、我国日本、すなわち黄金の国と表現されたイメージのものです。
また、カスティリアン・レッドのカラーとは、イメージとしてスペイン中部のカスティーリヤ地方の葡萄をしたものです。

次に、1993年登場したイメージカラーはタッシリ・イエローで、北アフリカのサハラ砂漠奥地に位置する、アルジェリアの砂岩台地タッシリを取り上げたものです。
2000年は、ライラック、ペッパー、ヴァニラ、モカのカラーが登場し、ライラックのイメージは、ライラックの花をそのままもっていき、ペッパーはスパイシーな胡椒のイメージ、ヴァニラのイメージは甘い香りのバニラを、モカのカラーはそのままのイメージで酸味と香りが特徴のものをだしています。

2001年の春夏コレクションでのカラーは、ゴージャスなメタリックカラーの登場でした。
限定カラー、ギャラクシアは、ゴールドとシルバーで、2003年は赤いルージュNMとオレンジのマンダリン、その後は青いミルティーユが2004年、茶色のキャネルが2006年、ホワイトのイヴォワールが2007年のカラーになっています。

About

2007年12月06日 09:29に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ルイヴィトンのモノグラム・デニムについて」です。

次の投稿は「ルイヴィトンのエピについて」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。