« ルイヴィトンのお手入れの仕方について | メイン | ルイヴィトンダミエの財布の人気ランキング »

ルイヴィトン素材の特徴について

種々の素材が使用されている、ルイヴィトンの参考にしていただきたいので、ここではルイヴィトンの素材の特徴を、説明しておきたいと思います。

なお、ルイヴィトンは、肌触りといい、持ち手の強さといい、しっかりとした最高の素材を、贅沢に使った作品だという評判が多く聞いております。

★レザー
レザーとは、いろんな動物皮革の耐久性、防腐性を化学的に処理したものをいい、皮革の総称です。

★カーフスキン
カーフスキンとは、生後6ヶ月以内の仔牛の革のことをいい、手触りがなめらかなものが印象的です。
高級素材といわれ、素材はしっかりしていて、重さも軽く、薄くて、傷が少ないのが、カーフスキンの特徴です。

★スエード
スエードとは、毛羽立てて仕上げた革のことを指し、また、毛足の長いものはベロアと呼びます。
豚、仔山羊、仔牛などの革の裏面部分をサンドペーパーでこすることで、質感のよさと独特の肌ざわりのよさがでます。

★ヌメ革
ヌメ革とはタンニンでなめし、染色や塗料仕上げを施さない革のことをいい、柔らかく適度な厚みなのが特徴で、ヌメ革は水分を吸い込みやすい素材なので使用にあたっては十分に注意を要します。

★ハラコ
ハラコとは主に仔牛の胎児の革を使用した素材をいい、非常に柔らかく、薄くできていて、素材がデリケートなので、型崩れなどに注意を十分して下さい。

★ヌバッグ
ヌバッグは、しっとりとした感触でベルベットのような、牛の表皮の表面を起毛させたものが多いのです。
手触りはいいのですが、汚れや傷がつきやすいので注意が必要です。

★エナメル
エナメルの品質は、ガラスのような光沢で革素材を指し、エナメルの作り方は、なめしで繊維を引き締め、合成樹脂と染料で表面に皮膜を作り仕上げた素材なのです。
個性的な光沢が最も魅力でしょう。

★オーストリッチ
オーストリッチとは、ダチョウの革のことで、羽を抜いた跡がオーストリッチの丸く突起している模様になっています。
希少なので高級品とされていますが、現在の流通品のほとんどは養殖されたものです。

★ゴートスキン
ゴートスキンとは、ソフトさと丈夫さを兼ね揃えた、ヤギ革のことをいいます。

★ピッグスキン
ピッグスキンとは、耐久性にも優れていて、重さも軽い素材の豚革で、毛穴が特徴的です。

★ナイロン
ナイロンは色落ちしにくく、耐久性があり、水にも強いもので、重さも軽い素材です。

★キャンバス
キャンバスとは、独特の織り目が魅力的で、麻などで目を粗く織った布を指します。

★PVC
PVCとはポリ塩化ビニルのことをいい、吸水性はありませんが、弾力があり、薬品には強いとされますが、熱には弱いものです。
ルイヴィトンのモノグラムキャンバスの素材は、エジプト綿のキャンバスにPVC加工されたものです。

About

2007年12月08日 14:37に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ルイヴィトンのお手入れの仕方について」です。

次の投稿は「ルイヴィトンダミエの財布の人気ランキング」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。